汗をダラダラかく人は野菜をたくさん食べよう

汗をダラダラかく人は野菜をたくさん食べるようにしましょう。参の葉は苦みがあり、野菜炒めや天ぷらに相性がいいのでいつもと違うものが食べたいときはオススメです。

薄毛対策で気を付ける2つのこと、意味ないことをするな!

   

「頭皮マッサージだけでは意味がない」

頭皮の血行を良くすれば薄毛を改善できると安易に考えるのは誤り、頭皮に血行障害が起きているのであれば、他でも血行障害は起きていると考えるべきです。

全身に血液を循環させている臓器が心臓、心臓から送られた血液は動脈を通って全身に、反対に全身に送られた血液は静脈を通って再び心臓に戻ってきます。加齢などにより心臓機能や血管に問題が生じると、全身に血液を送るには高い圧力が必要となるため、歳を取ると血圧は高くなるものです。血圧を高くしても全身に血液を送れているうちは良いのですが、血管が脆くなったりして体の隅々まで血液が送れなくなると、送られなくなった部位は不要と判断されてしまいます。

歳を取ると手足が震えるのは、振るえることによって隅々まで血液を送ろうとしているから、それでも血液を送れなくなるとまずは冷え症に、更に血液が送れなくなると体の先端である指は壊死してしまいます。体の先端は血液が届き難いため、当然、体の先端である頭皮も血行障害になり薄毛の原因となります。

起立した状態では、指先は心臓より低い位置にあるため、重力の関係から指先に血液を送ることは容易なのですが、起立した状態の頭部は心臓より高い位置にあるため、重力の関係から頭皮に血液を送ることは容易なことではありません。

頭皮マッサージをして血行改善を図るのであれば、頭部は心臓と同じ高さか心臓より低くすべき、頭皮マッサージをするならベッドで寝るなどして行いましょう。

血液がドロドロでは頭部まで届けるのは大変なため、血液はサラサラにすること、水分摂取量を増やせば血液はサラサラになりますが、髪を生やす成分が含まれていなければ髪が生えることはあり得ないため、髪に良いとされる食事をすることは必要です。

「何事もバランスが大事」

ネットで調べれば髪に良いとされる食べ物を把握することは容易、しかし、それらを食べていれば薄毛が改善されると考えるのは間違いです。

体のアチコチに痛みを生じさせる痛風、これは栄養過多によるもの、口から入れた食べ物は腸で分解され、必要な栄養素は血液に混じって全身に送られるのですが、栄養過多では分解処理能力を上回ってしまうため、不純物が体のアチコチで神経にダメージを与え痛みを生じさせます。

薄毛に良いとされる食べ物でも、そればかり食べてしまうと、かえって根詰まりを起こしてしまい悪影響、食事はバランスを考えましょう。

 - 栄養