汗をダラダラかく人は野菜をたくさん食べよう

汗をダラダラかく人は野菜をたくさん食べるようにしましょう。参の葉は苦みがあり、野菜炒めや天ぷらに相性がいいのでいつもと違うものが食べたいときはオススメです。

自分が何を好きかを考えてそれをダイエットに上手に取り入れる

   

ダイエットをするにあたって、苦しい苦手な事を無理に続けようとしても成功しません。

食べる事が大好きなのに無理な食事制限だけで痩せようとしたり、運動が苦手なのにジョギングなど、それも長距離を走ったりすると途中で絶対に無理がきます。まずは自分が何を好きかを考えてそれをダイエットに上手に取り入れる事でダイエットが成功する道へと繋がるのです。

勿論、運動と食事と両方から攻めた方が効果も出やすいものです。

運動が大好きだった私は体を動かす事から始めました。体を動かすからと言ってスポーツジムなど景色が変わらないところでランニングマシンを走るのは苦手だったので公園など自然の中で決まりを決めずにまずはウォーキングから始めました。それも最初は時間がゆっくりととれる週末のそれも午前の早い時間です。

冬の寒く冷たい空気を感じながら走ったり、夏だと昼間には走るのは暑さで気分が悪くなると思っていたんで出来るだけ朝に集中して行いました。最初はウォーキングでしたが、体が慣れてくると今度は少し早歩きやランニングに変えたりと自分の体調の相談しながらのんびりと自分のペースで進めてきます。

代謝が悪い体質だったので体の老廃物を出す為にも汗をかきたかったので、サウナスーツなどを着用して走る事もありました。

そして、汗をかいたら今度は銭湯に行き、リラックスするのです。この汗をかいた後の銭湯は最高に気持ち良く、その中でも出来るだけ半身浴で出たり入ったいを繰り返しながら、途中、飲み物を欠かさず飲んでいると体の中がリセットされて毒素が抜けていく感じがしました。

このような運動と銭湯を行うと一キロほど減っていました。一キロ分のカロリーをセイブするのは難しいですが、運動をする事で代謝も上がり体がリセットされる気がします。運動をする事により食欲というのが自然と抑えられるのです。心地よいキツさが残ってるので食べる事よりもゆっくりと体を休めたいと思うのです。

このような形で自然と食欲が抑えられるようになりました。そして、体質が少しずつ変わってきたところで食事に気を付けるようになったのです。しかし、無理な食事制限ではなく、今まで野菜類をほとんど口にしなかったのですが、野菜を取り入れ、甘い物は出来るだけ小豆を食べるようにしたのです。

小豆を食べるようになると今まで酷い便秘症だったのが改善されたのです。運動からゆっくりと食事内容を変えていった事により太りにくい体質へと変化していきました。

 - トレーニング